top of page
検索

回顧

男は以前、行きつけの飲み屋で出会った女に思い馳せていた。ほんの少しだけ、言葉を交わしただけだった。

だが、男にとって彼女と過ごしたひとときは楽しいもので、忘れる事はできなかった。


また会いたい。


彼女は誰なのだろう?

名前すらも知らないが、姿だけは鮮明に思い出せる。

黒のタイトスカートから伸びる脚が魅力的だった。細くもなく、太くもない、引き締まった長い脚から目が離せなかった。

血を啜ったかのように毒々しい真っ赤な唇、鋭い目つき。獲物を狙う狩人のようだった。

最初はどこか近寄り難く、恐怖すら抱いたものだが、言葉を交わしてみれば笑顔も見せ、ギャップを感じたものだ。好ましさもあったが、彼女の姿にもっと別の欲望が芽生えていたのを、再び出会うまで気付かなかった。


店で懇意にしているスタッフから、ようやく彼女の名前と働いているお店を知る事ができた。男は念願叶って彼女に会いに行く事にした。


店のオープン時間とともに男は入った。彼女がいた。店内にはお客は居らず、二人きりだ。


「ようやくお会いできました!」


あの日に出会った彼女の姿は変わらなかった。

男は、当然自分の事など忘れているものだと思っていたが、彼女は薄らと記憶にあるらしい。暫く言葉を交わしていく内、男は、彼女がずっと立ちっぱなしである事が気になっていた。


「座らないのですか?」


そう聞くと、彼女の雰囲気が変わったように感じた。真っ赤な唇をすこし歪めて微笑みながら、彼女は男の目をじいっと見つめる。男はどきりとして、息を飲んだ。


「そうね、少し疲れたかも。ちょうどいい椅子はないかしら」


「僕が、椅子になります」思わず、男は口にしていた。どうした事だろう。慌てて、冗談です、と言おうとしたが、彼女は莞爾として笑った。


「それじゃあ、床に手をついて。四つん這いになりなさい」





まあ、そんな事があったとかないとか。




 


前のブログ記事を発掘。これ、若干の脚色はあれど実話なの~!すごいよね。


たった一度だけ、一言二言交わしただけなのに、また会いたくて探してくれた熱意が本当に嬉しいし、可愛らしい。

彼とは未だに交流が続いているし、定期的に会いに来てくれるので、こういうのを運命的な出会いと言って過言ではない。





bottom of page